保険会社からの提示

基本的に示談金については保険会社からまず提示されます。これは保険会社からすれば、いち早く示談を成立させると、それだけ支払いを少なくできる可能性が高まるのが大きいです。さらにいえば、示談が成立しているかどうかによって裁判になった際に罪の重さが変わっていくため、加害者にとっても大きなポイントになるでしょう。そのため、適正とはいえない示談金が提示される可能性は非常に高いのが事実です。ただ、妥当な金額とは何かを知っていないと、そのまま鵜呑みにして示談を成立しかねません。

納得ができる示談金を獲得するために、あるいはさらなる増額を見込むためには弁護士に依頼しての対応が望ましいといえます。保険会社からいわれるままに合意してしまうと、後々争うにしても難しくなってしまうのは間違いありません。保険会社はプロフェッショナル集団で、専門的な知識と経験がない人間がどういった対応をしてくるかを分かっているものです。

これが弁護士が介入した場合は話が異なります。妥当な金額の提示をしてもらう上で、弁護士が介入するかどうかの違いは非常に大きいです。特に後遺障害がある場合は、弁護士が介入した方がメリットは大きくなるといえるでしょう。

関連HP【交通事故 弁護士

過失割合について

加害者や加害者の保険会社は基本的に少しでも負担を少なくするために過失割合を下げるために主張をしてくるものです。となると、こちら側もしっかり主張しないと損に繋がってしまうでしょう。相手側が主張する過失割合は高めに提示されることが多く、正確に把握できて反論できるように弁護士に相談するのが望ましいといえます

また、過去の判例を主張するのも大切で、過失割合の要請に応じてくれるケースもない訳ではありません。

さらに、休業損害を弁護士基準で受けるのも大切な要素の一つです。交通事故被害に遭ったことが収入や利益を失ったとして請求できるものとなります。弁護士基準で受けることで、通常よりも増額できる可能性は大いにあるのが事実です。後遺障害等級と逸失利益を獲得する点についても忘れてはいけません。この部分に関しても弁護士の存在が大きなポイントになっていきます。

加害者や加害者の保険会社と被害に遭った被害者の考えには大きな相違があるものです。少しでも支払いを少なくしたい側と多くもらいたいと思う側となるため、専門的な知識と経験を有している弁護士に依頼しての対応で、差を埋めていかないといけません。知っていることが多いだけで有利不利は決まっていきます。

交通事故被害の慰謝料

交通事故被害での慰謝料は当然ながら少しでも多くしたいと思うでしょう。この慰謝料に関しては加害者や加害者の保険会社との示談交渉で決まっていくものです。示談交渉の経験がある方はいるものではなく、多くの方が初めての経験となるでしょう。相手はプロフェッショナルであり、無防備で示談交渉に挑んでしまうと、多くの場合で後悔することになります。

交通事故被害での慰謝料を増額させる最も大きなポイントになるのは弁護士への依頼の上での対応です。自分の過失割合を下げるためには、加害者に対して反応できるだけの要素を持たないといけません。過去の判例を参考にしての主張も必要で、休業損害を弁護士基準で受けるのも大切になります

さらには、保険会社との示談交渉をどのように行うかについても考えないといけない点です。保険会社から提示された示談金は適正な金額よりも低いのが基本となります。妥当な金額とは分からないのなら、そのまま示談に応じてしまうことも多くなってしまうものです。難しい問題が山積みと感じる方もいるものの、弁護士のサポートがある中で対応していけば、問題はスムーズに解決していけるといえます。

当サイトでは交通事故被害での慰謝料を増額するためのポイントについて解説をしています。いざ交通事故被害にあった場合にどのように対応して良いか分からないのは当然といえば当然といえるでしょう。だからこそ、弁護士に力を頼っての対応をするのが基本となります。